人工知能で創薬および毒性予測

◆ 最近の人工知能の展開

  人工知能が急速に展開され、様々な分野でチャレンジが始まっています。
  人工知能が人間の能力を超え、人間は職を奪われるのではないかという極端な話がまことしやかに話されるようになっているようです。
  現在の人工知能は、IBMのワトソンがクイズ王を凌駕する結果を出したことや、チェス、将棋や碁等の戦いにおいてコンピュータが個々のチャンピョンを打ち負かしたという、一般の人から観ると驚異的な実績が積み上げられTV等の報道番組等で大きく取り上げられてきています。少し専門的になると、ディープラーニング(深層学習)等の技術の登場により、碁のプログラムが急激に強くなったことや、従来は困難であった画像認識の精度が飛躍的に高まったという実績により、人工知能の新たな可能性を示すものとして、技術的な大きなブレークスルーとなrいつつあります。
  従来は、人間が独壇的に存在し、機械が人間を凌駕する事はないだろうという、安心感や常識等が、コンピュータ関連ハード技術やソフトの急速な進歩により、少しずつ切り崩されてゆくのを眼のあたりにすることで、驚くと同時にこのままでは人工知能にとって代わられるのではないかという恐怖感に膨れ上がりつつあると考えます。

コメント