2022年4月3日日曜日

機械学習深層学習の違い:
多変量解析・パターン認識とAI の学習の違いについて

  先に報告したAI-SHIPSシンポジウム(AIを用いた新たな毒性予測に向けて、AI-SHIPSプロジェクト― 事業の成果と今後の展望 ―)において、機械学習をしているのでAIであるという偏った、誤った考えを持っていることが明らかになりました。 これは、AIに対応する機械学習を実施していれば正しいのですが、多変量解析・パターン認識で展開されている機械学習と同様な手法を用いれば間違った適用をしていることになります。 AI-SHIPSに限らず、化学分野では機械学習をすればAIであると称し、実質的には一般的な多変量解析・パターン認識を実施していることが多いようです。


 この定義に従えば、機械学習をすれば総てAIであり機械学習をすればすべて多変量解析・パターン認識と言えることとなり、明らかに矛盾してきます。 この矛盾は機械学習に関する理解が不十分であるために発生すると考えます。
 機械学習をすればAIであるという自分に都合の良い/間違った主張や観点は、今後の真のAI展開において不適切なものとなりますので、本ブログにて機械学習について考察いたします。

 



0 件のコメント:

コメントを投稿

人工知能は人間と同じで、学習しなければ賢くなりません:学習データについて考えます(IV)

  人工知能(AI)システム構築時に必要となるのは、人工知能システムと学習に用いる学習データです。ニューラルネットワーク型人工知能の特徴として学習用サンプル数が大きいことは良く知られた事実です。 ということで、人工知能システムに学習データを入力して学習させてて知識を構築して適用す...